ブログ版ろーだいねっと

blog.roudai.net

その他

「君の名は。」一点だけよく分からないところ(ネタバレあり)追記あり

更新日:

劇場版が公開されて早々、大いに話題になっていますね。新海誠の新作「君の名は。」
私もさっそく先週末見てきました。それだけでは飽きたらず、小説版も読みました。
今はスピンオフ小説、ANOTHER SIDEを読んでいます。
映像、音楽、脚本、演出、何をとっても本当に素晴らしい作品なので、未視聴の方は是非。

 

 

以下、ネタバレ含む内容です。
といっても大した話ではなく、劇場版を見て、小説版を読んだうえで、考察というほどのものでもないですが、一箇所だけ理解できないというか、ここどういう意味があるんだろう?と思う点があるので、そこだけ書き殴りたいと思います。
備忘録のようなものなので、めちゃくちゃピンポイントな内容です。

 

 

物語終盤。町の人たちを避難させたいけどなかなかうまくいかない、っていう状況で、三葉の姿をした瀧が、もしかして瀧の体が今ご神体のところにあるのでは?と気づく。
そこでテッシーから自転車を奪い山を登り、途中自転車を崖の下に落として壊してしまいながらも、山頂までたどりついて瀧の姿をした三葉に出会う。
山頂での話はすっ飛ばしますが、その後自分の体に戻った三葉が山を降り、原付きに乗ったテッシーと遭遇する。

ここで三葉が、テッシーに自転車壊しちゃってごめん(壊したのは瀧だけど)、と謝ると、テッシーの反応は
「はあ?誰が?」
となる。この反応はいったいなんなんだろう、という話。

そもそもテッシーから自転車を借りたという事実がなくなってる?もっというと、三葉がご神体のところに行ったという事実がなくなってる?
てかテッシー今まで原付きなんて乗ってなかったよね?ここでいきなりでてくる原付きにえ?となったし、自転車盗られたから原付きに乗ってる、っていう感じでもない。

このあたり、糸守町に隕石が落ちて500人以上が亡くなるか、瀧と三葉の活躍によりほとんど犠牲者がでずに終わるかの世界線が入れ替わったところなので、
そのあたりを表現している(前後での世界線の違いを強調してる)とも思えるけど、どうなろうなと。

すごく単純なことを見逃してるのかもしれませんが、どなたかこの点について何か分かることがあれば是非教えて下さい。


追記:すいません、公開と同時にフォロワーからの指摘で解決しました。
原作での会話
三葉「自転車壊しちゃって、ごめんやって」
テッシー「はあ?誰が?」
三様「私が!」


この「ごめんやって」っていうのが、「ごめんって言ってたよ」っていう意味(方言)だったんですね。
言ってたって誰がやねん、壊したのお前やろ、っていう意味の誰が?だったと
方言難しい。

ad




ad




-その他

Copyright© blog.roudai.net , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.