ブログ版ろーだいねっと

blog.roudai.net

その他

デスノート Light up the NEW world ネタバレ感想

投稿日:

10月29日に公開されたデスノート10年ぶりの新作映画、デスノート Light up the NEW world。
なんか前日にドラマの総集編もやってたことだし、初日に見てきました。映画館まで徒歩2分ですしね。

実は僕デスノートってあまり見たことがなくて、原作を読んだのも今年に入ってからだったりします。
アニメもドラマもあまり真剣に見たことはないです。
でもまぁとりあえずストーリーくらいは知ってます。

以下、ネタバレ感想です。まだ映画を見てない人は気をつけてね。

 

 

 

 

 

 

今回の映画で一番やりたかったことは、とりあえず「人間界で同時に存在していいデスノートは6冊まで。」という、原作内でルールは存在していたものの全く活かされることのなかった設定を、10年越しに回収しようじゃないの、ということなのかなと思います。
そのわりには、そのあたりの脚本が雑というか、いまいちだったかなぁという気がしました。

なんで今になって6冊も同時に人間界に落ちてきたの?
→ 死神大王がキラの後継者を見つけたものを王にすると言い出したから
6冊もあるということは、もちろん世界中に分散されるはず
→ 実際には日本国外にあったのは2冊だけ、あとの4冊はなぜか日本にある。その2冊もあっさり敵に回収される。

そして最終的には、
「6冊全部集めて封印すればデスノート事件は二度と起こらない」
→「輸送中に襲われて4冊燃えて封印に失敗しました」
→ 俺たちの戦いはこれからだ!
というオチ。これまでの戦いはなんだったのか。希望も何もない。

あとまぁ多分誰もがつっこみたいのは、「ライトの子供ってなんだよ」ってとこですよね。
若くして死んだはずのライトが、いつの間にかどこかしらに精子を残していて子供を作っていた?とかいう話だったかと思います(1度見ただけなのではっきり覚えてない)
いやいやさすがにそれは、という感じ。その子供自体もあまり脚本に活かされてないし。

そして今回の映画の一番の山場というかトリックとなるところは、「犯人はヤス」的な展開ですよね。
物語の中で一番頑張って活躍してた人が、実はデスノートの所有権を放棄して記憶をなくした新生キラでした、というオチ。
しかし彼の場合は、初代キラのように「計画通り」とはならなかったわけです。
この展開については、まぁある程度読める話というか、原作であれだけ長期間使ったトリックの流用みたいなものなので、ふーん、という感じでした。

そして個人的に一番納得いかないのは、竜崎。
サイバーテロリストとの直接対決を前にして、死神の目を持ったミサにデスノートに名前を書かれて即死・・・かと思いきや、実はそれはフェイクで、その前にもっと先の日付で名前を書かれてたからデスノートでは殺せませんでした、ということでした。
でも、ひとつ思うんです。

 

死神の目を持った人の前で死んだふりするの無理じゃない?

 

これが今回一番感じた矛盾かなぁと思います。
その直前に、「夜神月はもう死んでる。写真を見てそれが分かった。」的なこと言ってましたしね。死んでる人と生きてる人の見分けぐらいは一瞬でつくでしょ。

まぁ普通に考えたら、ミサは竜崎が死んでないこと分かってますよね。そのあと死ぬから真実は分からないけど。

 

あ、このミサの死に方、「夜神月の腕に抱かれて死ぬ」と書いたけどそれは物理的に不可能だからそのまま死ぬ、っていう演出は結構好きでした。

 

というわけで、今回のデスノートの感想は、「戸田恵梨香が可愛いから全部OK」でした。

ad




ad




-その他

Copyright© blog.roudai.net , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.